川崎マヨラーズの2013年の勝ち馬サトノダイヤモンドはモンモノですよ…

サトノダイヤモンドってそんなに強い馬なんですか?

ディープ産駒はムダ肉がつかない馬が多いので、デビューにさほど手はかかりません。
しかも、素質に応じてそれなりに走って、ソコソコ結果を出してくれます。
しかし、素質だけで活躍していても成長が伴っていなければ、いずれ成績は頭打ちになります。
ディープ産駒の活躍馬にはそういう早熟タイプがけっこう見られますね。
あのマカヒキも、それに当てはまりそう。
馬体面での成長も見られませんし‥‥。
ただ、成長うんぬんに関しては、母系との関係もありますから、そういうところもしっかりと見て判断すべきでしょう

2017/11/20 23:39:41

強いけど所詮ディープ産駒早熟血統なんで今は並の馬です。>

サトノダイヤモンド馬購入代金有馬記念で馬主は回収しましたか?

2013年 セレクトセール 24150万円中央獲得賞金 37156.2万円ですので回収してますね

2016/12/26 11:28:41

G1馬サトノダイヤモンドは金鯱賞で何着だと思いますか?

三着で

2018/3/10 19:32:20

5着。少なくとも馬券圏内はない>もう9着しか残ってへんがな・・・ちなみに6着だと思う。>7着でええわφ(゜゜)ノ゜>5着でよろしくです>2着でお願いします。>

サトノダイヤモンドは古馬になってからも大活躍が期待出来ると思いますか?

まだ馬体も成長途上って感じもするので完成されるのは4歳後半か5歳になるのでは。
ここからもう1段階強くなると思いますよ。
現時点で古馬最強の1枠に入ったキタサンブラックを外回りながら差し切るんですから期待大だと思います。

2016/12/28 22:29:55

ディープインパクト産駒は突然雑魚化するからね
別馬のように弱くなるとみてます

キズナと似たような感じになりそう
有馬強かったけど古馬が弱すぎるだけとみてる

マリアライト的(どの馬かは知らんけど)な牝馬にねじ伏せられそう>この馬は新馬戦を見た時にシンボリルドルフ以来を感じた唯一の馬。

パドック、返し馬、ゲート、レースの仕方とまったく動じることなくほぼパーフェクトと言っていいくらいウイークポイントが少ない。これは凄いことなんですよ。

それとこの馬は身体能力の高さと精神力の強さが備わっている、パドックや道中のフォームなどはスマートな感じに見せるがいざ追い出すと華麗な中にダイナミックなフォームを見せる。これはトモの筋肉と胸前の筋肉が強く道悪にも耐える力がある。
この馬はまだ成長する、というか今も成長している途中であると言った方が正しい。
有馬記念を見れば自分が思った以上に成長が進んでいたが更に馬体、特にフォームがもっと完成してくるんじゃないかな。
ディープインパクト、オルフェーヴルよりスマートな勝ち方だからみなさん気がついていないがこの馬は既にそのレベルにある馬(有馬記念のレース振りをよく見て下さい)。

それと最初に言った「ウイークポイントが少ない」これはその2頭にはないこの馬の最大の長所なんですよ。
それは欧州のチャンピオンホースと同じスタートラインに立てる武器でもある。>来年は大丈夫!
その次の世代との戦いが始まったら、
こっから先はまだ、なんとも。

ライバルは意外と同じサトノになるのかもしれない
と思っています。>何となく、あと国内GⅠを2つ勝つ・・・

何年でとかはわかりません、そこで何かが起きる予感があります・・・・それが、大活躍とみるのか「物足りない」と感ずるのかは何とも言えません。

オレの中では春クラッシック2冠で凱旋門賞挑戦できなかった時点で、もう既に期待ハズレの馬なんですよ・・・>距離と坂でしょう。
マイルチャンピオンシップならば圧勝しそうです。>

レインボーラインはモーリス、サトノダイヤモンドといった強い馬と接戦してる上にルメールなのに単勝20倍近くつくとは美味しくないですか?3才はディーマジェスティが人気してますが蛯名のコメントも今一でしたので私は3才はレインボーラインだと思います。
( ̄∇ ̄*)ゞ本線の3連複とは別にしっかり買いました!

参戦課程が…。
ジャパンカッブ目標に来た古馬達を蹴散らせるかどうか。
ただ、春の出来に戻らないディーマジェスティよりは先着出来ると思いますね。

2016/11/27 10:02:06

ディーマジェスティは昨日の新聞では陣営より出来がいいとのコメントがありましたが、週中では蛯名が今一のコメントやったので切りました(^_^ゞ>オラも3着までならと思い 購入しました。

心配なのは 菊からの参戦ってとこですね(´Д`)>大変面白い狙いだと思います。
この馬はどんな相手距離関係なく好走するのでここでも馬券圏内は十分にあると思います。鞍上ルメールというのも強みですね。

ただ、相手なりに好走できるという点は裏を返せば勝ちきれてないということ、またルメール自身もムーアやデムーロがいるG1ではいまいち勝ちきれないことが多いため、単では勝負しづらいかなとも思います。
馬連や3連複の軸ならアリでしょう。>ディーマジェスティは消しまった?
(?????)☆

勢いのレインボーは勿論、デムも押さえます?
◎アクター来なきゃ撃沈だけどね(^^;>7枠がサイン、
馬体からも軽い斤量は有利。上位争い...>追い切り見る限り、確かにディーマジェスティは調子落ち気味に見えました。shinbeneさんの仰る通り、ディーマジェスティ買うより、レインボーラインの方が断然いいですよね♪しかしながら、先日の笠松グランプリでオヤコダカとエイシンニシパの2頭軸からめっちゃ買ってしまいまして、エラい焦げ付いちゃったんで…お金がありません(~O~;)なので私は「つまらない男」と言われるのを覚悟でデムーロとムーアから馬連フォーメーションを買います。しかし、先日の兵庫JGの本馬場入場での三宅アナの歌声は…寒過ぎでしたよね?>

サトノダイヤモンドどうすべきですか!!??私はきろうと思ってます。
【理由】皐月賞不利があったとはいえ、ダービーに向けて期待がもてるような面がなかった。
きさらぎ賞では弱い相手としかやっていない。

この馬って東京2400は不利なんじゃないだろうか??僕の中ではマカヒキとリオン、サトノは2000までの馬という気がする。
その中でマカヒキとサトノは切れる脚はあるが長く使えないのでリオンの方がこの舞台では上と見ました。
この他ではスマートオーディンとヴァンキッシュランですがランの方はタイムが素晴らしいと言いますが翌日の同距離レースよりタイムが遅く過大評価と思います。
ならば重賞連勝中のスマートオーディンの方が魅力。
マジェスティ、リオン、オーディンの三頭でいきます。

2016/5/28 18:01:58

個人的な意見です。サトノダイヤモンドが勝つと思います。

皐月賞のレースで、当馬は不利を受けました。
それで3F34.8。
勝ったディーマジェスティで34.0。
位置取りから見て不利がなければ0.5秒くらい縮まったとしたら
着順は変わっていたかも。

それに加えて、不利を受けた後もリオンディーズとエアスピネルを
交わし、勝負をあきらめていない馬の精神力。
坂が苦手、本気モードでなかった、そして抜きんでた絶対スピードを
考えると本気度の違うここは楽勝する、という見立てです。

マカヒキのおしまいの脚はすごいが、この馬は実はもっと凄かったと
レース後に分かることになることを期待します。>自分もサトノダイヤモンドを切りました。
サトノダイヤモンドさえ馬券圏外に飛んでくれたらまず当たると思います。>決め手がないから皐月賞より着順あげるにはいろいろうまくいかなきついでしょうね。
速い上がり使えない、坂が苦手、かといってすごい先行力があるわけでもない。
ただエアスピネルと同じくらいの強さはあると思うので、リオンがまた暴走したりディーマジェスティが皐月賞よりパフォーマンス落とすようなことがあればそれ以外の馬は展開待ちですし馬券内にくる可能性は普通にあると思います。>それも一理ある・・・

ただ、昨年も皐月賞で不利をうけたルメール騎手のサトノクラウンがダービー3着だった、3連馬券買うなら、3着くらいはには抑えておいた方がいいと思います。>サトノダイヤモンドが勝ちます。m(._.)m>

2016年の年度代表馬はサトノダイヤモンドに決定ですか?獲得賞金ではキタサンブラックが上ですが、直接対決で首差退けられてしまったのがいたいですね。
G1勝利数はモーリスが上ですが、去年年度代表に輝いているから今年は「もういいよね」ってなっちゃいますよね。

サトノダイヤモンドになるのかな年度代表馬は有馬の印象が強すぎるからねあとダービーハナ差2着もきいてくるかとまぁ私が投票するなら迷わずモーリスG1の3つとも格のあるレースだし、勝ち方も人気を背負ったうえでの圧勝香港はJRAには関係ねぇ!って記者が結構いそうなので、予想はダイヤモンドキタサンはないでしょ宝塚完敗 天皇賞ショボメン相手に首の上げ下げで辛勝北島三郎の知名度で有名です以外におす材料は皆無天皇賞秋を早々と回避したのも大きなマイナスそれでも北島三郎は侮れない基本長距離G1は価値低いから、本来モーリスで万票でもいいんだけどね記者レベルが問われるけど、期待してない

2017/1/6 22:03:58

それでもキタサンブラックのような気がします。

キタサンブラックは負けた3戦が
いずれも「タイム差なし」
→常に勝ち負けをした

モーリスは調整が難しかったとはいえ
負けた2戦がいずれも完敗

サトノダイヤモンドは本格化したのが秋で、
春にG1を勝ってないのが大きなマイナスです

この3頭ならどれがなっても文句はないですが
私はキタサンブラックに入れたいです>記者の投票で決定するのですが
私が決めちゃいましょう!

キタサンブラックで!!理由独断と偏見です(笑
私はサトノダイヤモンドのファンですが
こう思いました。>モーリス、キタサンブラック、サトノダイヤモンドの
三頭に絞られました。
モーリス
加点:海外含めG1を3勝、その内容もまさに一流馬
特に、決して得意ではない2000(天皇賞秋)を快勝
減点:安田記念、札幌記念を落としたのは痛い
キタサンブラック
加点:6戦3勝、2着2回、3着1回と複勝率100%、
G1も2勝、特にジャパンカップの逃げ切りは高い評価
減点:有馬記念で当時3歳のサトノダイヤモンドに負けた
サトノダイヤモンド
加点:G1を2勝で、菊花賞は絶対的な強さ、有馬記念は
唯一の3歳馬(当時)ながら古馬15頭を蹴散らす
減点:やはり皐月賞、ダービーの負けは痛く、サトノ
ダイヤモンドを年度代表馬にするならば、ダービー馬の
マカヒキを代表馬にしろとの声が挙がりかねない
「さあ、これでは判断がつきません、何を見ましょう」と
なりますと、G1の勝利数です。
ここで、モーリスが有利ではないかと考えるのです。>まず2年連続じゃなくてもいいよねという判断はありません。
これまでにも2年連続受賞はありました。

単純な数なら、モーリスが3で多いのですがチャンピオンズマイルと香港カップをどう評価されるかによると思います。

昨今では、ドバイや香港に日本から大量に遠征し勝ち星も増やしています。
国内王道と比べた場合の難易度も考慮されるのかなと思っています。

なお、キタサンブラックは関西記者クラブ賞を受賞しています。
この賞は記者により選出されますが、年度代表馬と異なり毎年受賞馬が出るものではなく、特に優れた馬が出現した年に限り表彰されるもので、結果として受賞馬はほぼ年度代表馬を獲得しています。

現時点では、キタサンブラックがかなり優勢な状況と思われます。>サトノダイヤモンド
G1:2勝、2着1回、3着1回
G2:1勝
G3:1勝

キタサンブラック
G1:2勝、2着1回、3着1回
G2:1勝、2着1回

モーリス
G1:3勝(うち香港2勝)、2着1回
G2:2着1回

ほぼ互角ですね。
国内G1を2勝しているサトノダイヤモンドとキタサンブラックですが、
直接対決の有馬記念で勝利したサトノダイヤモンドが一歩リードしそうです。
それと、年度代表馬は各部門賞からの選出になるのですが、最優秀4歳以上
牡馬がキタサンブラックなのかモーリスなのか意見が分かれるところです。
モーリスは国内の短距離G1を勝っていないので、最優秀短距離馬には厳しそう。
国内G1は今年1勝、通算G1が海外含めて6勝で引退ですから、モーリスは
特別賞がふさわしい気がします。

ところで、JRA賞(他の部門賞も)はすべて記者投票なんですよね。
そして、得票数が1/3を超えない場合は審査委員会の審議で決定されます。
ということは、数字的な評価もさることながらインパクトも重視されそうです。
春秋天皇賞連覇のスペシャルウィーク、宝塚&有馬の両グランプリを制した
グラスワンダーを抑えて、凱旋門賞2着のエルコンドルパサーが年度代表馬を
獲ったときは物議を醸しました。
その意味では、オーナーのサポートもあって話題を提供し続けたキタサンブラック
の得票が、心情的に多くなりそうな気がします。

長文で失礼しました。
私の予想では、年度代表馬はキタサンブラックです。>

競馬GⅠ大阪杯の馬、アルアインとサトノダイヤモンドはレースでどちらの方が先に着くと思いますか?

調教が良かったみたい、アルアイン(*゚∀゚*)

2018/3/29 20:02:09

アルアインでしょう。>アルアイン2着
ダイヤモンド3着>サトノダイヤモンドの三着以内は固いかと。アルアインは4,5着と予想します。>アルアインかな。戸崎ダイヤモンドはイマイチ信用できんなと…>アルアインですね>

サトノダイヤモンドの遠征は帯同馬が同馬主、オルフェみたいに社台グループの場合が多いですが、馬主が違う、同族でもない帯同馬を使って海外遠征したことありますか?その場合の費用ってメイン側が払う?

香港・アメリカ・ヨーロッパ等に遠征した過去の帯同馬について、表向き馬主も違う、同族系列でもなさそうというケースはいくつか見られます。
森厩舎のドージマムテキ・藤沢厩舎のレッドアリダー。
しかし、馬主名義については先に上がっている様に権利が共同になっている馬がおり・ファンに一般的でないが個人的な付き合いのある方もおり・マル外等において大物馬主が複数頭の購入元だけど、現役中は別々の個人馬主に権利を売ったりしているケースもあり、表だけでは見えない部分もあります。
また、必ずしも“メインの馬とサポートの馬”という関係だけ、とは限りません。
同厩舎に所属し、同じ遠征先にそれぞれ目的のレースがあるなら、どちらもメイン・かつサポートという関係もあります。
ゴールドシップとジャスタウェイ。
(一緒に連れて行くという意味であり、帯同という言葉だけに立場の上下までは関係しません)更に、異なる厩舎に所属する同馬主の馬でも、直前に移籍させたり・出国検疫前の調教から同じ馬房に入れて互いに親近感を持たせ、別厩舎の帯同馬として遠征したケースもあります。
栗東キズナと美浦ステラウインド。
また帯同馬を付けても、輸送や調教パートナーのみで、出走しないケースも見られます。
この為、費用については、ケースバイケースだと思われますが、一番大きな部分を占める輸送費については、同じ航空機を使う場合、1頭でも3頭でもほとんど変わらないらしく、馬の検疫・保険・滞在費・登録料等を除けば大きな負担増にはならないそうです。
(むしろ、1頭だけで行かれる方が、厩舎に負担&馬にリスク大)※ちなみに英国・アイルランド・米国・オーストラリア・ニュージーランド等、自国で大規模の生産体制を持つ国では、未勝利戦から(一部、産地限定戦などの例外を除き)広く外国馬に門戸を開いており、馬の産地や所属のに関するハードルが低い為、G1カーニバル等がない時も、常時複数の馬を同時に受け入れ可能な体制になっています。
(環境が良いとは限らないが、番組は用意されている)

2017/9/14 00:43:43

日本馬の海外遠征の遠征補助金(及び褒賞金)については、
3年前に廃止されました。

これにより、香港・ドバイ・豪州の招待G1、相手主催者から輸送補助が出されるレース以外は、参戦のハードルが高くなっています。>関係が無い馬を帯同馬とは呼びませんよ?(‘_’?)馬主が同じ或いは調教師が同じだとかの場合には帯同馬・ステイブルメイトと呼びますが、そういった関係が全く無い馬はただの同レース出走他馬、ライバルでしか無いですまた馬以外に犬であるとかうさぎであるとかが帯同される場合もありますそうする事で馬の精神状態が安らぐんです(o^-^o)>ないと思うよ。
というのは、サトノの馬は、だいたい契約で社台にも権利があるため。>

川崎マヨラーズの2013年の勝ち馬サトノダイヤモンドはモンモノですよね?

サトノダイヤモンドはモンモノですね。
m(_ _)m

2016/5/26 00:10:20