ここ10年の今のところの競馬最強世代は何年生まれだと思いますか?や…

東京11R東京スポーツ2歳Sの本命馬が決められません。

笑サトノクラウンアヴニールマルシェグリュイエールジャストドゥイングクラージュシチー皆さんの本命馬をお聞かせください(^^)

○サトノクラウン◎ジャストドゥイング

2014/11/24 13:23:08

宝塚記念出走予定馬に黒鹿毛・青鹿毛の馬は出ますか?

黒鹿毛=アンビシャス・サトノクラウン・サトノノブレス・マリアライト・ラブリーデイ・ワンアンドオンリー青鹿毛=フェイムゲーム・ラストインパクトです。

2016/6/20 14:14:38

この馬たちは切りですかね!>

有馬記念の結果を見て、どう思いましたか?キタサンブラック優勝!クイーンズリング2着!シュヴルグラン3着!スワーヴリチャード4着!ルージュバック5着!

優勝キタサンブラックG1を7勝はシンボリルドルフやディープインパクトに並ぶ偉業、決して「良血」とは言えない血統にも拘らず、逃げ・先行の堂々たる横綱相撲で競馬界を盛り上げてくれました。
北島オーナーも本日での競馬場でのお姿(映像ですが)を拝見する限り、決して体調は芳しくなさそうでしたが、キタサンブラックの優勝は本当に嬉しそうでした。
この優勝は、北島オーナーにとって「最良の薬」となるでしょう。
「お疲れ様でした」と申し上げます。
3着シュヴァルグランジャパンカップのような訳にはいきませんでしたが、確実に力を付けてきました。
もう一つG1を勝てるかは何とも言えませんが、善戦は出来るでしょう。
4着スワーヴリチャード実力は上位なのはよく分かりましたが、本馬が実力を発揮できる舞台は、やはり左回りです。
道中掛かっており、決して長距離向きではなさそうですので、マイル~2000が最適でしょう。
安田記念・天皇賞(秋)では有力馬の一頭でしょう。
あとは、期待したサトノクラウンですが、ムーア騎手でも結果を出せませんでした。
調教過程は決して良くなかったですので、やはり不良馬場の天皇賞秋の疲労が抜け切っていなかったのでしょう。
この馬は、馬場が悪くならない限り本命は打てません。

2017/12/24 21:52:52

リングは経済コースをとり、ブラックをマークできる枠でもしや?と思いましたが距離の壁があると思い消しました。リチャードは頑張りました。道中は手前を換えて走っていたようですが・・・ルージュはさすが北村騎手!条件の合わないオールカマーでの勝利!個人的にはエリ女も北村騎手を乗せて欲しかったです。>去年のJC と同じ、あのペースでキタサンブラックをすいすい行かせたら捕まるわけない。2~4着は直線の接触が全て。クイーンズリングは恵まれただけ。蛯名は激怒したろう。実に後味が悪い。>まず、キタサンを誰もつつきに行かなったのが大いに疑問。簡単に逃がしすぎ。スワーヴリチャードは大妨害しましたね。あれがなければ確実にシュヴァルは2着だったでしょう。>正直、クイーンズリングは距離が長いと思っていたので、
ここは厳しいかと思いましたが、健闘したと思います。
シュヴァルグランやスワーヴリチャードも力は出せたと思いますが、
キタサンブラックが完璧なレースをしたかなという印象です。
好スタートからハナに立って見事な逃げ切りでした。
残念だったのはサトノクラウンですね、全く見せ場のない内容でした。
馬が良い頃の状態にないのかも。
最後にキタサンブラック号、お疲れ様でした。>③クイーンズリング。。。コレは拾えません。反省会をしても"その"根拠が全く見つかりません。ただ!解ってるんです!『競馬の結果とは全く不可解なり』当然ながら再認識しました。だからこそ穴馬を探す作業は>

現時点で皐月賞最有力はどの馬だと思いますか?シャイニングレイベルーフポルトドートフィユドゥラメンテリアルスティールブラックバゴサトノクラウングランチャーレダノンプラチナ

期待を込めて アダムスブリッジを挙げます

2015/2/17 21:05:58

ブライトエンブレムに1票

中山2000はベスト条件とみています。>鞍乗がかわればドゥラメンテが期待できるかな。>リアルスティールは、福永鞍上なので、スプリングsの内容次第ですが、頭はほぼないでしょう。

ダノンプラチナ・シャイニングレイが有力>有力だと思う順番にポイントを・・・。

①リアルスティール
(2戦目でドゥラメンテを破った能力は相当で馬体的にクラシック級の器!
不安点は中山向きの積極性に欠ける主戦騎手か・・・。)

②ダノンプラチナ
(ベゴニア賞と朝日杯のパフォーマンスは圧倒的!
不安点はマイラーの可能性が50%ぐらいある事か・・。)

③シャイニングレイ
(良血馬らしい雰囲気のある馬で雄大な馬体はA級!
不安点はフットワークが大きいので小回りの中山適性が微妙・・。)

④ドゥラメンテ
(2連勝時の内容は高レベル!
不安点は馬体がギリギリに見えるので中1週で使った
共同通信杯のダメージが今後の不安材料・・・。)

⑤アダムスブリッジ
(若駒Sの内容が抜群だった!馬が馬群を怖がらない
タイプなので混戦の皐月賞向きかも・・・。
不安点は時計の裏付けが無いので高速決着になった時か・・・。)

⑥サトノクラウン
(2戦目で東スポ杯を制した競馬センスは抜群!
不安点は接戦を演じたアヴニールマルシェが共同通信杯で
完敗したので力関係が微妙になってしまった・・・。)

※京成杯勝ちのベルーフとポルトドートウィユは牝馬のルージュバック
に完敗なので脱落・・・。ブラックバゴとグァンチャーレは能力的に論外!>『共同通信杯(GⅢ)』を制したリアルスティールと2歳王者ダノンプラチナがまずは【スプリングステークス(GⅡ』】でぶつかるので勝った方が有力と見ます?それに【弥生賞組(GⅡ)】の上位ですね?【若葉ステークス】勝ち馬も軽視はできないでしょう。トライアルが全て終わりメンバーが出揃わないとわかりませんね。出揃ってもわかりませんが(笑)>

馬のランク付け皐月賞、ダービーの格付けをお願いします牝馬はルージュバック一強なので牡馬にルージュバックをいれての格付けをお願いします補足僕はルージュバックドゥラメンテサトノクラウンリアルスティールブライトエンブレムキタサンブラックですね

リアルスティールルージュバックサトノクラウンドゥラメンテキタサンブラックダノンプラチナブライトエンブレム

2015/3/22 17:41:56

サトノクラウン
キタサンブラック
ルージュバック
ダノンプラチナ
ブライトエンブレム
リアルスティール
ベルーフ
ドゥラメンテ
でしょう。>

JRA中央競馬、弥生賞を最小レース数で優勝した馬知りたいです。
新馬戦→弥生賞っているんすか?

アグネスタキオン、ディープインパクト、サトノクラウン、マカヒキのキャリア3戦目が最小レース数だと思いますm(_ _)m

2017/11/25 16:40:44

新馬戦→弥生賞っていませんね(´・ω・)>

弥生賞終わりましたが、本番の皐月賞で面白い馬いましたか?ひょっとしたら三着ならってのでもありますか?自分は、ブライトエンブレム、本番でも期待してます

サトノクラウンは勿論ですが、ブライトエンブレムは皐月賞へ向けて視界良好の2着でした。
距離が延びれば、ダノンプラチナよりブライトエンブレムが強いでしょう。

2015/3/9 17:17:38

サトノクラウンです。皐月賞本番でも3着くらいには来そう。やや重とは言え、先週よりは時計の出る馬場のはずですから、勝ち時計からして本番での勝ち負けまでは苦しいかと思いますが…。>ブライトエンブレムは、あの競馬だとフルゲートの皐月賞は掲示板がやっとでは。馬場が渋ったダービーでは面白そう。皐月賞は、グァンチャーレが最内枠を引いたら面白そうですね。>

ダービー1着~3着予想。
馬の名前でお願いします。
1番近い方にBAです。
勝ち馬を当てた方を優先します。

ドゥラメンテサトノクラウンリアルスティールの順番でお願いします。
m(_ _)m

2015/5/29 22:15:04

1着 ドゥラメンテ

2着 リアルスティール

3着 レーヴミストラル

ですね!>1着 サトノラーゼン
2着 リアルスティール
3着 ドゥラメンテ
ですかね。。。>1ドゥラメンテ
2リアルスティール
3キタサンブラック
皐月賞同様です>1着 サトノクラウン2着 ミュゼエイリアン3着 ポルトドートウィユ>1着リアルスティール
2着ドゥラメンテ
3着キタサンフラッグ

リアルに勝ってほしいに1票>

今日の『うまんchu』を見逃してしまいました。
アンカツさんの皐月賞2015の本命馬は何だったのか教えていただけませんか。

本命サトノクラウン対抗ドゥラメンテ穴キタサンブラック大穴ブライトエンブレム

2015/4/19 05:06:31

ここ10年の今のところの競馬最強世代は何年生まれだと思いますか?やはりキタサンブラックよりも強い馬がいたドゥラメンテ世代ですかね?

やはり2012年代生まれの世代じゃないですかね。
もはや黄金世代と言えるのでは?ドゥラメンテ、キタサンブラック、サトノクラウン、シュヴァルグラン、リアルスティール、モーニンなどまだまだ沢山いますが、とにかく錚々たる面々ですよね。
名馬ばかりです。
サトノクラウンやリアルスティールはぶっつけ海外で好メンバー相手にあっさり勝ってしまうくらいですからいかに楽には勝てない国内だったかですよね。
特筆すべきはスプリンターからステイヤーまで強いG1馬が満遍なくいるのが凄いです。
牝馬においてもミッキークイーンにクイーンズリング。
ダートもノンコノユメ、ホワイトフーガ、アポロケンタッキーがいますしまさに最強世代と言えるものがあります。

2018/1/19 08:46:41

ディープインパクトですかね。>2010年クラシック世代
エイシンフラッシュ:ダービー、天皇賞(秋)
ローズキングダム:朝日杯、JC
ヴィクトワールピサ:皐月賞、有馬記念、ドバイワールドC
ルーラーシップ:QEⅡC(香港)

2010年の成績が凄いです。
この年、古馬GⅠを3歳世代がほぼ独占します。
天皇賞(秋):ペルーサ2着
JC:ローズキングダム
有馬記念:ヴィクトワールピサ

ペルーサが天皇賞(秋)でブエナビスタに敗れはしたけど、
2着に食い込みました。>ドゥラメンテ世代は、前後が強くない

私は、fchinpeさんのオルフェーヴル世代の一歳年下ジェンティルドンナとゴールドシップの世代です

そして世界一のジャスタウェイもいる

さらに一歳下にもジャバンカップ史上最も強いレースと言われたエピファネイア>悩みますが私はオルフェーヴル世代を推したいですね。2008年生まれなのでちょうど10年前に産まれたんですね。日本限定の話かもしれませんが、外の目を向けると世界最高レーティング獲得馬フランケル、史上初の凱旋門賞とキングジョージのダブル制覇を達成した名牝デインドリーム、オルフェーヴルを凱旋門賞で破ったソレミア、ケンタッキーダービー、ドバイワールドカップを制したアニマルキングダム 等2008年生まれは強い馬が多数います。キタサン、ドゥラメンテ世代も37年ぶりのアメリカ3冠馬アメリカンファラオや、トレヴの凱旋門賞3連覇を阻止した欧州年度代表馬のゴールデンホーンなどもいますが、2008年生まれのタレントと比べると少し見劣りします。>同感です。

ドゥラメンテがいたら、キタサンブラックのG1勝利は、2つ位になっていたかも知れませんね。>