競馬好きの皆さん 今まで見た中で一番イケメンの馬は何ですか? 自分…

走り方がカッコイイ馬走り方が美しい馬走り方が力強い馬あなたが思うこれらの馬は何ですか?私は上から順にナリタブライアントウカイテイオーグラスワンダーですね

すごくマイナーですが、私はタイキブリザードの走り方がすごく好きでした。

2012/4/2 12:50:08

こんにちは。
走り方がカッコいい→ステイゴールドの香港ヴァーズゴール前、ただただ信じられない、あの伸び。カッコ良かった。

走り方が美しい→ヒシアマゾンの京都大賞典は強さと美しさの頂点のレース。

走り方が力強い→ナリタブライアンの三角から南井さんの手綱をぐいぐい引っ張って勝ちきった菊花賞。これ以上力強い走り方をする馬はこれから出てくるのか、と呆然。

こんな感じでしょうか。>こんにちわ。

最近のしかわからないですけど
オルフェーヴル。走り方
違うなと思いました。
トーセンジョーダンも好きデス♪>あえてこの3つを選べば上から

サイレンススズカ
ダイワスカーレット
ウオッカ

なんかですね。

タイプが違うダイワとウオッカの対決は個人的に印象に残ってます。>

ダ-ビーも終りました!!気持ちを切り替えて”思い出の安田記念”は???96年第46回の”トロットサンダー”の時の大接戦は凄かった!!タイキブリザード、ヒシアケボノ、ジェニュイン、ダンスパートナー、フラワーパーク、ヒシアマゾン、などの超豪華メンバーでした。
今年は簡単!オレハマッテルゼ、ダンスインザムード、ダイワメジャー、アサクサデンエンの4頭の勝負でしょう。
武豊のテレグノシスはいりませんよ~(=^0^=)

オレハマッテルゼ一本でしょ!そこから馬単勝負!柴田がんばれ!!!(今年は調子がいいと思う)

2006/5/30 16:09:27

昭和62年のフレッシュボイスです。
最内の1番枠を引いて、包まれるのを嫌い、出遅れ気味に外に出した柴田政人騎手の騎乗。
中距離の王者ニッポーテイオーが横綱競馬でゴールを目指す中、大外直線だけで15頭以上抜き去った脚。いろいろな面で歴代の安田記念で一番インパクトがありました。

聞いた話によると、あまりにも突然、見事にニッポーテイオーを抜き去ったため、ゴール前に陣取ってたほとんどのカメラマンが、勝ち馬のゴール写真を撮影出来なかったとか…。
それだけ突然だったってことなんでしょう。

週間競馬ブックの表紙の写真って普通はちょっと前のメインレースの勝ち馬のゴール写真なんだけど、この安田記念の写真だけは4コーナーの馬群の写真でした。
フジテレビのビデオを見ると、実況のアナウンサー(大川アナか堺アナ?)がゴール前突然あらわれたフレッシュボイスにビックリしたのがよくわかります。>古くてすんません。
「華麗なる一族」ダイイチルビーとダイタクヘリオスで決着した91年ですかね。
この2頭、ここからワンツーを3回決めるのですが、よしだみほのマンガなどでは「超良血のお嬢様」と「地味な血統の坊ちゃん」との叶わぬ恋みたいに描かれてましたね。両馬が引退してから一部ではその交配が期待されましたが、結局実現していません。切ないねぇ…。

安田記念はカンパニーとブリッシュラックで。>じゃあテレグノシスの単勝にぶちこみます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。>あれは02年でしたか・・・。
ダンツフレームがそろそろ勝つ頃だと思い(鞍上も上り調子の池添だったし)、そこから流して大きく勝負しました。
でも、勝ったアドマイヤコジーンは、自信持ってヒモから外してたんですよね。
理由は、鞍上が後藤騎手だったから。
この人、面白いんだけどGⅠでは当時用なしでしたんで、ずっと軽視してたんです。だからダンツとコジーンが併せになって脚色一緒になった時点で頭抱えて悔しがってたんです。
でも、その後の後藤騎手の大泣き&大喜びを見てると、馬券外した悔しさがスーッと消えて・・・。あんな気持ちになったのは初めてでしたね。

でも、後藤騎手ももうちょっとGⅠ勝っててもいいよなぁ。吉田豊さえいなけりゃ、ローエングリンの秋天とかも取れたはず・・・。

ちなみに、今年はデンエンはいらんやろ、と。>

フリオーソが引退しました。
フリオーソが引退したことで、「地方の雄がいなくなった」とかフリオーソのことを「久々に地方の雄と言える馬」ってコメントをよく目にしますが、どう思いますか?フリオーソが出てくる前はミツオーがいたし、ミツオーの前にはトーシンブリザードがいたし。
その前には岩手にトーホウエンペラーがいましたし、さらにそれまでにはアブクマポーロ・メイセイオペラ・コンサートボーイがいましたが…

質問者様は何に違和感があるのでしょうか? 私はフリオーソも質問者様が挙げた過去の名馬も地方の雄としてふさわしいと思っております。
たしかにスマートファルコンやトランセンドなど強力な中央勢相手に圧倒はできませんでしたが、この馬以外、古馬戦線で中央勢相手に勝ち負けできるような馬はおりませんし、昔と違って中央と地方の格差がここまで広がると今後は尚更出てこないのでは?と思います。
個人的には岩手の馬を応援しておりますが、岩手競馬の賞金がここまで下がったいまトーホウエンペラーやメイセイオペラのような素質馬は岩手に入らないので厳しいと思ってます。

2013/1/8 20:12:05

「地方の雄」=中央所属馬に勝ち負けできる馬ということだとすれば、「いなくなった」という表現はあながち間違いとは言えないかも。
クラーベセクレタ、マグニフィカも歯がたちませんでしたので。>

以下の馬が戦ったらどの馬が勝つと思いますか?人気はどうなると思いますか?(中山2500、東京2000、京都3000、新潟1000)①タイキブリザード②マーベラスサンデー③バブルガムフェロー④ステイゴールド⑤セイウンスカイ⑥メイショウドトウ⑦タップダンスシチー⑧ダンツフレーム⑨タニノギムレット⑩ネオユニヴァース⑪デルタブルース⑫エイシンデピュティ⑬ドリームパスポート⑭ドリームジャーニー⑮ディープスカイ⑯ブエナビスタ

メイショウドトウかな?宝塚 秋天 JC 有馬 春天 まで全部オペラオーの2着だったことを考えると直1000以外は適正あるかと思います。

2010/7/24 00:01:18

何歳かによりますね

歳によって>

今年のドバイ ダイワメジャーがドバイワールドカップとデユーティーフリーに登録してるようです。
個人的にもダートの大レースで見てみたいと思っていたので出走を期待してます。
 高速ダートも苦にならないでしょうし、うまく流れにのればインヴァソールやディスクリートキャットあたりと好勝負できるかな?  そのほかにもこの馬は期待できる応援したい!! とか このレースに是非出走してほしい!! っていう馬がいればドバイ以外でも結構なので、競馬の初心者から海外競馬有識者までどなたでもお答え下さい。
(もちろん日本馬です。

 正直に申しますと、現時点日本のダート馬でダート主流国の馬達を相手に出来る有力馬は居ないと思います。
ハードコーティングダートコースのハイラップという異質の競馬をした事がない馬にとって、海外一級線では地獄を見てしまいます。
日本と米国の走破タイムを比べてみれば明らかだと思います。
芝で走るタイムよりも早い時計で勝つ馬がいるほど高速競馬です。
芝のダイワメジャーは密かながら期待できるかもしれません。
問題は持ち前の持続する終盤の競馬を米国質の力のいる馬場でスピードを落とす事無く走れるかどうか、ということくらいでしょうか。
遠征に関しては陣営の努力と経験次第なのでどうにでもなります。
 確かに日本馬の質が世界基準となっている事には違い有りませんし、トップホースは世界トップレベルと混じっても見劣りする事のないほどでもあります。
しかしこれはあくまでも芝の基準で、日本のような異質なダート競馬を行う地域では全く歯が立たないのが現状です。
 以前米国に遠征した高速競馬に慣れているタイキブリザードでさえも、米国の一流馬たちが集うBCで、全くスピードに着いて行く事が出来なかったほど早い競馬になります。
 インヴァソはダイワメジャーと似通った部分が多いのですが、インヴァソの持ち時計がウルグアイ所属時に記録したナウルグアイアン2000ギニーS(距離ダ1600 馬場FastHard)での1:30.9で、これはダイワメジャーの持つ芝1600を1:32.1よりも1秒も早い事になります。
当然芝のほうが力が吸収されてしまうので、硬いダートよりも時計が掛かってしまうのですが、それでも相当早いラップで競馬をしていることになります。
 ドバイや米国のように粘土質の硬い馬場でいい勝負が出来るかどうかで重要なのは 日本のダートで成績を残せているかどうか ではなく、馬場を強く蹴り込むだけの馬力を必要とする馬場で、しかもハイペースの競馬、さらに砂を被ったり、激しくぶつかった事のある馬が活躍できる可能性が極めて高いといえます。
それだけ激しい競馬を要されることになります。
 ちなみにHNDシガーマイルHCで圧勝し、ドバイWC参戦が濃厚なディスクリートキャットがこのとき記録した時計がFastで1:32.46。
同じくドバイWCに向けて調整されているインヴァソのBCでの時計がFastで2:02.18。
ドバイWC出走予定のバーナーディニがトラヴァースSで記録したのが2:01.6。
注目すべき点は前半のタイムで、ダイワメジャーの持つ上がり高速の競馬ではなく、前半から日本のスプリント競争並みのラップで走り後半は気合や根性といったもので持ちこたえて勝利するのが米国競馬で、ディスクリーキャットのシガーマイルHでは前半4Fが44.83、対するダイワメジャーの06年マイルCSでは46.0と1秒以上も差があります。
これだけのスピードで前半馬に喰らい付き、後半もしのげるだけの力があるかどうか、つまりは最後の最後で値を上げることが無い強さを持っているかも問われます。
 ということで、ドバイWCではダイワメジャーの参戦は薄いとしても、可能性は高いとは言い切れないものの、通用するだけの力は持っていると私は考えます。
 個人的に日本で無駄をしている馬は多くいると思います。
まずデルタブルースで、欧州の重い競馬のほうが陣営も断言しているように向いておりますので、日本のような軽い芝よりも力を発揮することができます。
メルボルンCなどがいい例です。
主に筋肉質で大柄な馬、そしてその上スピードのある馬は欧州で力を出せる可能性が高いので、キンサシャノキセキやジャリスコライトもその部類だと思います。
 米国ダートだと芝の重馬場巧者が好走出来るかと思います。
当然スピード競馬なので、それだけのテンも持っているのと同時に、激しい競馬にも動じないだけの精神力を持つような馬が向いています。
ダイワメジャー以外では現時点通用しそうな馬は見当たりません。
  米国の芝は日本と似ているので、日本の芝で活躍している馬であればある程度は活躍できます。
欧州馬が凱旋門快勝の後BCターフで大敗するのは馬場の違いがあるとも言われていますが、BCは競馬場の持ち回し開催なので、開催される競馬場によって違います。
カナダ地区も対象なので、カナダに近い競馬場は荒れた芝であることが多く、その時が欧州質だと思ってよいかと思います。
 マイルから中距離のダートから芝まで、あらゆる条件下で、しかもスタミナもスピードも要求される条件で実績を残したアグネスデジタルがドバイでは全く競馬にならなかったというのが何よりの証明だと思います。

2007/1/12 20:21:32

皆さんの最強マイル馬はどの馬ですか?できれば下の方から選んで頂ければ嬉しいですアグネスデジタル、アサクサデンエン、アドマイヤコジーン、エアジハート、エイシンアポロン、ニホンピロウイナー、エイシンプレストン、エイシンフォワード、サダムパテック、テレグノシス、デュランダル、タイキシャトル、オグリキャップ、カレンブラックヒル、グランプリボス、ミッキーアイル、ジャスタウェイ、ニッポーテイオー、バンブーメモリー、カンパニー、ギャロップダイナ、サッカーボーイ、タイキブリザード、タカラスチール、ダイイチルビー、ダイタクヘリオス、ダイワメジャー、ダノンシャンティ、ハットトリック、ツルマルボーイ、ディープスカイ、トロットサンダー、ノースフライト、ハッピープログレス、ブラックホーク、フレッシュボイス、ヤマニンゼファー、ロゴタイプ理由もあればお願いします。

タイキシャトルです。
全戦績が3着以内100%と安定感がありました。
なにより、ムーラン・ド・ロンシャン賞と並ぶフランスのマイル路線の最高峰レースとしてG1に指定されているジャック・ル・マロワ賞を勝利したことが理由ですね。

2015/1/20 12:03:24

ありがとうございます>タイキシャトルにします。

抜群の安定感を誇っていましたね。
ルドルフのような「負けるイメージがない」という感じですかね。>デュランダルです。強烈な末脚から。直線の短い中山でも有り得ない位置から届く追い込みにはシビれました。この路線の追い込み馬で、これほど成績が安定していた馬 はいなかったと思っています。>スプリント~マイルなら
ニホンピロウイナー断然。>トロットサンダーにします。負けなしですから。かつ距離が多少前後しただけで、何故か凡走してしまう変な脚質。生粋のマイラーなんでしょう。>

よく「東京の1600は中距離をこなせるスタミナがないと無理」と言われていますが、どう思いますか?私は、安田記念に限っては信じてないです。
一時期、1400向きの馬がよくきてたし・・・

最近の安田記念の連対馬は確かにそのような傾向にあると思います。
ブラックホーク・フェアリーキングプローンの年以外は最近中距離馬が必ず絡んでます。
また安田記念の勝ち馬が天皇賞秋に出走してきた場合好走しています。
2着馬が同年の宝塚記念の勝ち馬もグラスワンダー・スイープトウショウ・ダンツフレームが制しています。
他にもツルマルボーイ・タイキブリザード・ジェニュイン・サクラチトセオーなど中距離実績のある馬が安田記念の連に良く絡みます。
それにくらべると例外はありますけど、フラワーパーク・ビリーヴ・トロットスター・アグネスワールドなどのスプリンターは見せ場も無く惨敗してます。
個人的な意見ですと直線の坂と長さのおかげで距離不足の馬でも底力で持ってくるように思います。
1400向きの馬というよりは府中の1400をこなせる馬なら対応できると思います。

2006/6/3 18:20:46

おっしゃる通りヤマニンゼファーのように1200m専門に使っていて京王杯で初めて1400を使って安田記念を勝った、
なんてタイプもチラホラいますね。ブラックホークしかり。
ただゼファーは脚部不安で出世が遅れたので例外的ではありましたがそういう馬よりも
ギャロップダイナ、ニッポーテイオー、ヤマニンゼファー、サクラチトセオー(ハナ差2着)、アグネスデジタルなど
その後秋の天皇賞も勝っている馬が意外に多いので2000をこなすタイプのほうが優勢には見えます。

あと、実はこのレース春の天皇賞から直行した馬カミノクレッセ(春天2着)イクノディクタス(春天9着、次走宝塚2着)と
ステイヤーでも2マイルからのいきなり半分の距離なのに2着に好走していたりして
短距離馬VS中長距離がそこそこ互角に戦える舞台とも言えそうです。>

暴風雨(嵐)、強風、吹雪(ブリザード)などの管弦楽表現に用いられる「ウインド・マシーン(サンダーホーン、風音器)」について質問いたします。
あれはローラーを回して布の摩擦により音を出す楽器のようですが、あの布の材質は何なのでしょうか?また、電子による合成音の発明以前である、ワーグナーなどのロマン派の時代に、実物の自然界の音をリアルに再現する機械(楽器)は極めて珍しい存在であると思いますが、こうしたウインド・マシーンの発明のきっかけとは一体何だったのでしょうか?詳しい方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。
補足本文中に誤りが有りました。本文の( )内に「サンダーホーン」と誤った言葉を入ってしまいましたが「サンダーホーン」は雷音器です。嵐や強風や吹雪の表現に用いるウインド・マシーンとは何ら関係は有りません。文章作成中の単語貼付け時の不手際によるミスでした。申し訳ありませんでした。

きっと様々な材質や大きさ、布の張り具合、そもそもウィンドマシンの形など工夫してきていることでしょう。
私が見たものは、幌布を使っていました。
きっかけ、、、はわかりませんが、擬音装置の類がヒントになるかもしれません。
大きなざるに豆を入れてゆっくり傾け、「波の音」平たい箱に砂を入れ、お椀状のものを打ち付けて「馬のギャロップ」種々の擬音笛(はと、ふくろう、かっこう、、、、)貝殻の背中を合わせてこすり「カエル」これらの延長線上にあるように思えます。
演劇などの効果音として、すでに存在していたのかもしれませんねぇ。
それとも音楽での使用が先で,ラジオドラマと共に発達したのかしら?自然界の音をリアルに、ということでは、サンダー・シートも思い出されますねぇ。
ご存知かと思いますが、平トタン板みたいなのを吊して叩き、雷鳴を擬するのです。
中途半端な回答、失礼しました。

2011/1/26 20:52:17

バトスピ 白中心診査白緑のデッキモノケロック3 ノーザンベアード2 メイパロット2 樹氷の女神エイル2 ラルバ2ソードランナー2 イクドラシル3 北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン2 月光龍ストライク・ジークヴルム1 ヴァルハランス1 マン・モール1グラン・ウォーデン2 ラグナ・ロック2キャバルリー2 サイレントウォール2 ルナティックシール1 ブリザードウォール1ドリームチェスト3 ストームドロー1 ソーンプリズン1 ライフチャージ1 ライフチェイン1絶望壁の要塞2 命の果実3フェンリルキャノンType-B2 鳳凰竜フェニックキャノン1 千刀鳥カクレイン1鎧馬アルファズル2どうでしょうか?改善するところを教えてください

イグドラシルは1枚でいいかと・・・ストライクはいいですね!!

2010/11/16 20:22:41

競馬好きの皆さん 今まで見た中で一番イケメンの馬は何ですか?自分はトウカイテイオーかな・・・親父はそうでもなかったがww補足ロジータは知ってるよww 川崎だろ。
ロッキータイガーも知ってるぞww

これはしらんやろヤマノブリザード一応オープンまでいったがな叔父の馬だ

2011/10/2 23:40:34

オレハマッテルゼとカミノミコトバ>テイオーは全体的にグッドルッキンホースって感じでしたね

ツラだけで見たら自分が見た中ではサクラローレルが群を抜くイケメンです>