キタサンブラックって、 レコードタイム出しましたか? 最高に速い速…

キタサンブラックが有馬記念を最後に引退することが決まりましたね私は2015年の菊花賞で馬券の的中して以来、ずっとキタサンブラックを応援してました。
それ以降も何回か的中しています。
社台に行くみたいですが引退馬引き取り先ってどうやって決まるのですか?補足キタサンブラックはみんなに惜しまれて引退します。
寂しくなりますね

はよう消えてくれ。
俺の競馬人生のちょうど延び盛りをさんざんかきみだしてくれたわ( ´△`)

2017/10/23 00:30:54

ジャパンカップ 2017キタサンブラックには負けるかもだけどなあとの馬なんてな??サウンズオブアース様が蹴散らしてやんよなめんなよ\\?( ‘ω’ )? ////そう思って間違いないですか?ε-(´∀`; )

キタサンブラック応援します。

2017/11/25 12:23:41

キタサンブラックを目標に早目に動いた馬達を最後の直線でキタサンブラックごと纏めて交わすマカヒキ(>_<)/>

年度代表馬は決まりましたか?キタサンブラック?いやいやコパノリッキーでしょう。
私は思います。
G1、11勝はほんとすごいです。
東京大賞典はリッキーリッキーと叫びました。
単勝100万かけてましたからね。
ありがとうリッキー

今年JRAのG1を4勝もした馬と地方でしか勝っていない馬とは比較に成りませんよ?コパノリッキーが好きなら個人的には思っていても良いかも?儲けましたね?おめでとうございます

2017/12/30 23:09:18

正直言って年度代表馬はおろか最優秀ダート馬も選ばれない可能性が高いと思います。おそらく2つしかない中央のダートG1(フェブラリーステークス、チャンピオンズカップ)を両方勝ったゴールドドリームが選ばれるでしょう。
コパノリッキーは今年、交流G1を3勝しましたが交流G1は最優秀ダート馬選考において軽視される傾向にあります。2011年はスマートファルコンが交流G1の帝王賞、JBCクラシック、東京大賞典の3勝、トランセンドが中央G1のフェブラリーステークス、南部杯(この年は東日本大震災の影響で東京競馬場で行われました)、JCダートの3勝。唯一の直接対決だったJBCクラシックではスマートファルコンが勝っているのでスマートファルコンが選ばれると思われましたが、直接対決の結果より中央G1を全勝したことが重視されてトランセンドが選ばれました。>有馬記念1つ勝っただけで、ダートG14つ分の価値(賞金)があります。
芝から選ばれるのは仕方ないです。>

キタサンブラックとオルフェーヴル、どちらが上だと思いますか?オルフェーヴルは凱旋門賞で2回とも2着になっていますが国内ではキタサンと五分に見えます。
2015年 菊花賞2016年 天皇賞(春) ジャパンカップ2017年 大阪杯 天皇賞(春) 天皇賞(秋) 有馬記念

誰がなんと言おうとキタサンブラックの方が現時点では上しかも賞金王新しいヒーローをなぜ気持ちよく祝ってあげられないんだ、みんなは…2017年、現時点でのトップはキタサンブラックだまぁこの先、どんな馬が現れるか…それは判らないが現時点ではキタサンブラックがトップという事それを褒め称えるべきと思う

2017/12/26 15:56:09

オルフェでしょ
キタサンは相手に恵まれ過ぎてる。
オルフェ時代にあんな楽な競馬でいくつもG1勝てたなんて、とても思えない。
これはキタサンだけでなく、ゴールドシップしかりですが…。>比較対象にするのがかわいそう
オルフェの楽勝>オルフェーヴルが上じゃないですかo(^▽^)o
ドゥラメンテの故障や引退がなかったらキタサンはこんなに勝てなかったと思います>オルフェーブル一択ですね。
理由は他の皆さんが十分に答えてくれてるので必要ないですね。>オルフェですね。理由は皆さんと同じ。キタサンブラックの瞬発力の無さは種牡馬では苦戦しそうです。忖度で勝ったJC、大阪杯、有馬記念を除けば、3000m越えと泥んこ馬場の天皇賞と特殊な条件下のレースばかりですから。>

キタサンブラックって、レコードタイム出しましたか?最高に速い速度の持ち主ですか?逃げでも、速度は落ちなかったのでしょうか?普通、逃げなら速度が落ちるところ、そこでまた伸びるとか

キタサンブラックの天皇賞春の勝ちタイムは3200mの世界レコードですキタサンブラックが優れていたのは平均してスピードを維持する力=スタミナです2000m以下ではただのOP馬ですがそのスピードを距離が伸びても維持し続ける事が出来ましたスタミナが無い馬は距離が延びるほどにスピードが維持出来なくなりバテてしまいますそしてキタサンブラックは逃げ馬では無いですよ?秋の天皇賞もそうでしたが新馬戦も後方からの差しきりを見せていましたただクラスが上がるにつれてキタサンのスピードでは後ろからの競馬は不利とみて、最大の利点スタミナを活かす為の戦法、逃げ先行を選択していただけです有馬記念でも誰も競りかけては来なかったので逃げる形にはなりましたが、仮に何かが競りかけて来ていたらそのままその馬を前に行かせて、キタサンは自分のペースを守り2番手の競馬をして、同じ様にゴール前では抜け出して先頭で入線していたでしょうね現に大阪杯や天皇賞春では他の馬を先に行かせて番手の競馬から抜け出して勝っていますキタサンブラックは平均してスピードを維持する馬ですから、例えば最後の直線でグンと伸びる訳では無くて後半の1000mや800mの単位での速い脚を使っていました今回の有馬記念もそうでしたが中山や阪神の急坂があるコースではラストの1ハロンはタイムがかかって明らかにスピードを鈍らせていますただそこまでの800mで他馬を引き離していたから粘り込めたんですね速いペースで先行して直線でまた伸びる事が出来たのは過去にはサイレンススズカや、短距離に於いてのサクラバクシンオーがそうでしたが、キタサンブラックはそれらの馬とはタイプが違いますね(‘_’?)

2017/12/25 17:16:48

春天皇賞でレコード出してます。重賞だと1800のスプリングステークスから3200の春天皇賞まで幅広く勝ってますが個人的に「心肺機能」が他馬とは違うと思います。長距離を得意とする馬は1800の重賞は勝てません。スピードがないですから。ブラックは長距離レースを乗り切る心肺機能の強さを持った中距離馬かと思います。>今年の春の天皇賞でレコードタイムを記録。ただし、秋の天皇賞では2000メートルになってからは最遅という離れ業を成し遂げた。こんな馬はもう出て来そうもないだろう>